犬のしつけ「オイデ」の極め方

犬のしつけの基本の1つとなる「オイデ」を極めれば、まるで魔法のようにさまざまなシーンで便利に使えます。基本の教え方から活用法までご紹介しますので、是非、愛犬との生活に役立ててください。

 

 

基本のオイデの教え方

まずは基礎を学ぼう!

どんな万能な指示しつけもまずは基礎が肝心です。オイデの基本的な教え方をご紹介します。コツも合わせてチェックしてみて下さい。

 

①フードを犬の鼻先に近づける

まずは利き手でフードを握りこみ(愛犬の好きなおやつでもOK)、もう片方の手には愛犬に繋いだリードを持ちます。フードを握った手を伸ばして犬の鼻先に近づけたら、フードのニオイを嗅がせて犬を集中させましょう。

 

②オイデと言いながら腕を動かし足元まで誘導

犬が集中したら、リードを握ったまま後ろへ少しずつ下がります。同時にフードを握った手を自分の体にくっ付けていき、犬の体が飼い主さんの足に触れるぐらい近づいたら、後ろに下がるのをやめるのと同時に右手を上にあげて犬を座らせます。

 

③フードを与えて撫でながらほめる

目の前に犬が座ったら、握っていたフードを与えます。犬がオイデで来たあと、飼い主さんに触られることにも慣れさせるため、もう片方の手で首輪をつかみながら、首や胸のあたりをなでて「イイコ」としっかり褒めましょう。

 

④アイコンタクトをして「オッケー」で終わる

犬がフードを食べ終わったら「マッテ」と言いながらフードを握っていた手を飼い主さんのあごの下まで持ち上げます。愛犬とアイコンタクトできたら「オッケー」と声をかけておしまいです。

①~④がスムーズに出来るまでは、この流れを繰り返し練習しましょう。

 

 

オイデを確実に成功させるコツ

 

オイデの練習は必ずリードをつけて行う

「オイデ」と呼んでも犬が来ない状態をそのままにすると、オイデ=無視してよい号令と犬に伝わってしまいます。犬が逃げることを防ぐために練習はリードを必ずつけて行い、どうしても犬が来なかったら軽く引いて促し、オイデを確実に成功させてください。

 

手の位置は犬の鼻に合わせる

フードを握りこむ手は、立っている状態の犬の鼻の位置に合わせるようにしましょう。位置が高すぎると、とくに小型犬は飛びつきなどの困りごとを招く可能性があります。

 

オイデは笑顔と楽しそうな声で言う

犬にオイデと言うときは、犬が思わず行きたくなってしまうぐらい楽しそうな声で、明るく伝えましょう。そして笑顔も忘れずにすることが重要です。

 

オイデは連呼せず一度だけ言う

犬が来ないからといってオイデを連呼するのは、言葉の印象が薄れて指示が伝わりづらくなってしまい逆効果です。号令は一度だけ言い、犬を必ず従わせることで「オイデと言われたら必ず行く」覚えさせましょう。

 

段階別オイデの活用法

初級 ~楽しいことの直前にオイデを使おう~

オイデはまだ練習中という飼い主さんはここからスタート。愛犬にとって楽しいことが起こるときに使うと、成功しやすくなります。

 

散歩に行くとき

犬にとって散歩は楽しみなタイミングのひとつ。散歩に行く用意を整えたら、リードをつけるときに愛犬にオイデと楽しげに声をかけましょう。

 

遊ぶとき

お気に入りのおもちゃを手に持って愛犬に見せてからオイデと声をかけて、おもちゃ遊びに誘ってみましょう。遊び好きな犬ならとくに効果的です。

 

ゴハンを与えるとき

愛犬が大好きなゴハンタイムはオイデの練習に最適です。ゴハンの用意を整えたら、愛犬に見せながらオイデと声をかけてみましょう。

 

中級 ~犬の行動を中断させるときに使ってみよう~

初球のオイデが出来るようになった飼い主さんは中級に挑戦してみましょう。吠えそうなときや、犬にとって楽しい時間を終わらせるときなどもオイデを活用してください。

 

吠えた時、興奮しそうなとき

吠えたり興奮しそうになっているときにオイデを使ってください。飼い主さんの足元まで行くことが習慣になっていれば、吠えるのをやめてやってきます。足元まで来たら褒めてあげましょう。

・練習方法・

オイデがまだ身についていないうちは、家の中でリードをつけっぱなしにしておくのも一つの方法です。オイデと声をかけても犬が来なかったら、リードを使ってたぐり寄せましょう。

 

手の届かない距離にいるとき

練習を重ねてオイデがしっかり身についていれば、たとえ飼い主さんの手が届かない距離で愛犬がくつろいでいたとしても、オイデと言われればすぐに飼い主さんの足元までやってくるようになるでしょう。

・練習方法・

遠くから呼ぶ場合は、地道に練習を重ねることが重要です。万が一、犬が来なかったときのため、ロングリードをつけて行います。まずは問題なくオイデが出来る距離からオイデと声をかけてみましょう。

 

犬友達と出会ったとき

散歩中に犬友達と出会い、犬同士が触れ合ったらオイデと声をかけて愛犬を呼び戻しましょう。ただし、オイデという言葉が犬にとって楽しい時間の終わりの合図にならないようにするのが重要です。

・練習方法・

犬友達と触れ終わったらオイデで愛犬を呼び戻します。基本の教え方どおりに最後はアイコンタクトをして「オッケー」と号令をかけ、再び犬友達のもとへ向かわせましょう。

愛犬を再び犬友達のもとに向かわせたてしばらくしたら、またオイデで呼び戻します。繰り返すと「オイデで呼び戻されてもいいことは終わらない」と犬に伝わります。

 

 

離れた場所にいても、飼い主さんのひと言で愛犬がやってくるのがオイデです。犬と暮らすうえで欠かせないしつけのひとつですが、毎日の生活のなかで実践すれば難なく出来るようになり、極めれば吠え対策など困りごとにも役立ちます。今日から取り入れて、さまざまな場面で活用しましょう。

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集