犬の気持ちが分かります!

散歩や公園、ドッグランなどで他の犬と出会ったとき、愛犬はどんな気持ちかきになりませんか?

犬は気持ちを素直に伝えあう動物です。「仲良くしたいなぁ」「あっちへ行って」などの気持ちを行動やしぐさで相手に表現しているのです。今回は行動やしぐさ別に犬の気持ちをご説明します。

 

 

ちょっと近寄ってすぐ逃げた

興味はあるけれどやっぱり怖い

子犬の頃から犬と交流する機会に恵まれず、慣れていないタイプの犬によく見られます。興味があっても、社会化不足で振舞い方がわからず、怖いと感じるのです。子犬の頃、ほかの犬に怖い思いをさせられた犬にも多い反応です。ほかの犬に無理に近づけず、犬が急接近してきた場合は、その犬の飼い主さんに近づくことを断りましょう。犬に慣れさせるには、動きのゆっくりとした落ち着いた成犬を相手に時間をかけて徐々に行うのが大切です。

 

こんな方法を試してみて

穏やかで友好的な犬と、少し距離を置いて散歩するのがオススメです。愛犬は、その犬とほかの犬とのふれあいを見て、犬同士の付き合い方を学べます。

 

相手に突進して飛びつく

犬を見ると遊びたくてうずうず!遊びたくて興奮

子犬~2才前後の遊びたい盛りの犬によく見られます。犬と遊びたくてしかたがないので、犬を見ると興奮して、真正面からダッシュで近づいてしまいます。でもこの行動は、犬社会ではマナー違反です。散歩中は、ほかの犬との挨拶より、飼い主さんに注目することを教えるようにしましょう。犬との挨拶はときどきさせるようにして、興奮が高まるのを防ぎましょう。

 

おすすめトレーニング

犬同士で遊びたい犬は、散歩中、遊び相手の犬を探すことに集中してしまいます。犬が近づいたら、遊びやおやつで犬が飼い主さんに集中する練習をしましょう。

 

遊びの途中なのにオスワリをした

遊びはもう十分。これ以上相手はできません

相手の犬に背中を向けてオスワリやフセをするのは、無関心を装って相手を落ち着かせる行動です。遊びの場面でこの行動をするのは、「これ以上遊ばないよ」という気持ちを相手に伝えつつ、相手の犬の「まだ遊びたい」という気持ちを落ち着かせるためです。この行動の意味を理解せずに、しつこく遊びを催促してくる相手には、一喝する犬もいます。

 

こうしてみよう

もし、相手と遊びたがらないなら、相手に近づいたり離れたりをある程度自由に出来るようにします。消極的な犬を固定してしまうと、相手に一方的にしつこくされて、気持ちが追い詰められてしまうからです。

 

相手に向かって吠えたり、うなる

近寄られるのがイヤ。近づいてきたら攻撃するぞ、と警告

自分からケンカをしかけようと思っている犬は、そう多くはありません。近寄ってきた犬に向かってうなるのは、ほとんどの場合「近づいたら攻撃をするぞ」という警告をあらかじめ出し、無用なケンカを避けるためです。耳を立てる、頭を持ち上げる、前足を踏ん張る、しっぽを高く上げるという姿勢をとり、強気な気持ちを相手に示します。それにも関わらず、相手の犬が近寄ったなら、噛みつくことも充分に考えられます。このタイプの犬には、ほかの犬を近づけることが大きなストレスになります。犬を見ても平静でいられるようにトレーニングを始めてみましょう。

 

おすすめトレーニング

愛犬が犬に気づいたら、すぐにおやつを食べさせます。立ち止まらず、歩きながら通り過ぎるまでおやつに集中させましょう。「犬が来るとおやつがもらえる」と覚えさせ、ほかの犬に対する印象をいいほうに変えるようにしましょう。

 

前に出たり、後ろに下がったりしながら吠える

早くどこかへ行ってほしい。本当は怖い

犬が近寄ってくるのが怖いので、一生懸命追い払おうとしているのです。前に出たり、後ろに下がったりする、飼い主さんのまわりを右往左往するなどして、ワンワン大騒ぎをすることが多いでしょう。恐怖からパニックになることもあります。自分の犬を近寄らせる飼い主さんには、できるだけ早く通り過ぎてもらうようにしましょう。

 

こうしてみよう

愛犬がほかの犬に気づいたら、吠え始める前に抱き上げるようにしましょう。相手に背中を向け、愛犬の視界を遮断するように歩き去るのがコツです。ほかの犬に吠える経験を積ませないことで犬への恐怖心が薄れる効果があります。

 

相手のニオイを嗅ぎ、相手にもかがせます

相手を知りたいし、自分のことも知ってほしい

相手のニオイを嗅いだら、自分のニオイを相手に嗅がせるという具合に、順番にニオイを嗅ぎあうのがよく見られる犬のあいさつです。上手にあいさつができる犬は、平和主義タイプかもしれません。ただ、一方的に嗅いだり、しつこく嗅ぐのは、相手の犬を不快にさせる行為です。度が過ぎると、吠えて一喝する犬もいます。とくに、初めて出会う犬にあいさつをさせるときには、相手の犬の飼い主さんに確認をとったうえで、慎重に近づけましょう。

 

 

犬の気持ちは、行動にダイレクトに表れます。普段から愛犬の行動を観察して、本当に思っていることは何かを飼い主さんが読み取り、それに合わせてあげることで愛犬との信頼関係を築いていくと、より楽しい生活が送れること間違いなしです。

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集