犬との絆を強めるお世話の工夫

飼い主さんが「絆を強めたい」と思いながらお世話をすれば、それが愛犬にもちゃんと伝わります!

今回は、犬の感情別、シーン別にどのようにお世話をすれば良いかをご紹介します。

 

 

犬の感情別

犬に見られやすい4大感情の絆の強め方を紹介します。

知っていると、いろんなシーンに役立ちます。

 

愛犬が喜んでいるとき

「喜んでくれて私もうれしい!」という気持ちを伝えよう!

愛犬が喜んで近寄ってきたら「おはよう」などと声をかけて挨拶し、愛犬が笑顔で見つめてきたときは飼い主さんも笑顔で返しましょう。すると犬は「自分が喜ぶと飼い主さんも喜ぶんだ!」と気づき、絆が強まります。

 

喜んでいるときの特徴

・口角をゆるめる

・しっぽを高く上げる

・しっぽを小刻みに振る

・目がキラキラと輝いている

 など

 

愛犬が怖がっているとき

心配せず「ふだんの顔」を愛犬に見せよう!

愛犬が怖がっていても、ふだんと変わらない表情の飼い主さんを見れば、愛犬は「飼い主さんが落ち着いているから平気なんだ」と安心できます。一方、怖がっている愛犬に「怖いね~」と同調したり、抱っこなどしてかばうと「やっぱり怖いことなんだ」と再認識し、より怖がるようになってしまいます。ただし、愛犬が怖がる前に抱っこで回避させるのは問題ありません。

 

怖がっているときの特徴

・しっぽを下げたり、丸める

・背中を丸めている

・顔をそむける

・体をこわばらせる

・逃げる

 など

 

愛犬が怒っているとき

なぜ怒るのかを理解して、次は怒るまでやらないようにする

犬が怒るのは「これ以上無理です」というSOSサインです。たとえば、足拭きで怒るなら、「1本拭くのはOKだけど2本目はNG」など、愛犬が何をどのくらいしたら怒るのか把握し、おやつを使ったり、少しずつ慣れさせたり、くつろいでいる気分のときに行うなど怒らせない工夫をしましょう。

 

怒っているときの特徴

・うなり声をあげる

・耳を寝かせるor立てる

・前のめりになる

・マズルにしわを寄せる

・歯を見せる

 など

 

愛犬がリラックスしているとき

リラックスしていると「イイコトがある!」と教えよう!

犬がリラックスしていたら、飼い主さんは「そうそうイイコね!」と褒めたり、ゴハンを与えたり、ハウスから出すなど喜ぶことをしてみましょう。犬は「リラックスしているとイイコトがある」と覚え、いつも安らかな気持ちでいられるようになります。

 

リラックスしているときの特徴

・崩したフセをしている

・おなかを見せている

・体に力が入っていない

・目を自然に開けている

・ほがらかな表情をしている

 など

 

 

シーン別

暮らしのシーン別に基本の絆の強め方と感情別の絆の強め方をご紹介します!

 

ゴハンのときの絆アップ!

与える前はちょっぴり待たせてワクワクさせよう

楽しみなゴハンの前に得意な号令をさせて達成感を与えれば絆が強まります。たとえばゴハンを与えるときは、フードボウルを床に置くまでの時間。「マテ」をさせてワクワクしたゴハンタイムにしましょう。

 

喜びすぎるときはこうしよう!

いつものパターンを崩してサプライズでゴハンを与えよう!

フードの準備をしているときにワンワン吠えたり、バタバタと大騒ぎしてしまう犬は落ち着いてゴハンを楽しめません。飼い主さんはフード置き場を変えて、愛犬のいない場所でフードを準備し、犬が落ち着いているときに不意に与えると、手品のようにゴハンを出してくれる飼い主さんのことをより大好きになってくれます。

 

嫌がるときはこうしよう!

いつも食べているフードを替えて絆アップしよう!

フードを食べないのは、味や粒の大きさなどが愛犬に合っていないという理由が多いです。主原料や粒の大きさなどをほかのフードに替えたり、ウエットフードに替えると、喜んで食べるようになることがあります。おいしいゴハンをもらえれば絆アップに!

 

散歩のときの絆アップ!

散歩へ行く時間を毎日変えてワクワクさせよう!

散歩は愛犬が楽しみにしている時間のひとつです。ただし、毎日同じ時間に行くと、行けなかったときにストレスが強まり、吠えなどの問題行動に!毎日行く時間を変えて「今日はいつかな♪」とワクワクさせて絆をアップさせるのがおすすめです。

 

喜びすぎるときはこうしよう!

「散歩へ行くよ!」と言わずにこっそりリードをつけてサプライズしよう!

「散歩へ行くよ!」と声をかけるとジャンプしたり走り回ったりして興奮する犬は、飼い主さんとゆっくり歩いて散歩を楽しめません。散歩とは関係のない時間にリードをつけて、落ち着いているときに散歩へ行きましょう。家を出るまでに、数回アイコンタクトして落ち着かせるようにすると、ゆっくり歩けるので絆が強まります。

 

帰るのを嫌がるときはこうしよう!

一度帰宅してから「散歩のおかわり」をしよう!

愛犬が帰りたがらないのはもっと歩きたいからですが、ここは愛犬のワガママを通さずに一度家へ入りましょう。そしてしばらく休んでから「散歩のおかわり」に行くと、けじめをつけられるため、絆が強まります。また、愛犬が帰るのを嫌がる前に、いつもより10分ほど散歩時間を延ばしてもOKです。

 

 

毎日なんとなく行っている愛犬のお世話ですが、愛犬の感情に寄り添ってほんのちょっと工夫すれば、愛犬はとてもうれしくなり、信頼関係が深まりやすくなります。

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集