愛犬が言うことを聞かない理由はここにあった!

愛犬がなかなか言うことを聞いてくれなくて困っている飼い主さんは多いのではないでしょうか。

一番の原因は飼い主さんの伝えたいことが愛犬にうまく伝わっていないことです。しつけの先生などは犬が「自分はこうしていればいいんだ!」と理解できる動き方をしています。ポイントは、タイミングよく何度も褒めて「それでいいよ」と犬に伝えているところです。犬は自信を持って動けるので楽しくなり、やる気もアップするというわけです。

今回は愛犬にとって「わかりやすい」動きをするにはどうすればいいかをご紹介します。

 

 

犬にとって「分かりやすい人」になるために意識したい5つのこと

 

 

「正解」と「間違い」をはっきり区別して伝える

「正解(それでいいよ)」は、何度も何度も褒めて伝える

犬を混乱させないためには、犬の行動が「正解」なのか、「間違い」なのかを犬に分かるようにはっきりと区別して伝えることが大切です。「正解」と伝えるときは、何度も「とう、イイコ」と声をかけ、ずっと笑顔で犬を見続け、ごほうびをあげましょう。なるべく全身を使って犬を褒めると愛犬に伝わりやすくなります。

 

「間違い(そうじゃないよ)」は、見ない、声をかけない、振れない

歩いてほしいのに飛びつく場合など、「間違い」と伝えるときは、「正解」のときにしていたことをすべてやめてしまいます。視線を外し、声掛けをやめ、ごほうびも与えないし体にも触れません。正解との区別がつきにくくなるので、「ダメ!」などの声もかけません。そして、犬が「正解」の行動をとりやすいように導いてあげましょう。

 

 

リードは常にたるませて

室内で歩いたりオスワリやフセの練習をするときも、リードをつけておくのが良いと思います。この状態に慣れていれば、外でもスムーズに同じことを進めやすいからです。ここで気をつけたいのは、リードを引っ張らず、つねにたるみをもたせること。引っ張られると、犬は「逃げたい」という気持ちになってしまうのです。

 

Q・歩いてほしいのに、止まってしまったら?

 背中を向けて、ごほうびを少し見せる

 犬が立ち止まってしまったら、声をかけずに背中を向けて、ごほうびをちらつかせます。ごほうびに誘われて犬が歩いたら、しっかり褒めてごほうびを与え、そのまま歩き続けましょう。

 

 

同じ指示を何度も言わない

「オスワリ」「フセ」などの指示を何度も言うのは避けましょう。「オスワリ」と一度言っても犬がオスワリをしないのなら、それは犬がまだ「オスワリ」という指示を理解していないということです。分からない言葉を何度も繰り返されて、犬は混乱するだけです。犬が立っているときに「オスワリ」を連発することで、犬は立っていることが「オスワリ」なんだと勘違いする可能性もあります。

 

Q・一度で出来ないときはどうする?

 誘導でやり直して

 オスワリなら、まず立っている犬の鼻先にごほうびを握った手を近づけます。手を頭の上に持ち上げ、オスワリの体勢に誘導します。ここで声(オスワリ)をかけるようにしましょう。

 

 

同じ指示には同じ動作を

犬に何かを教えるときは、指示と手の動作をワンセットにするのが一般的です。ところが、最初は「オスワリ」はこの動作、「フセ」はこの動作と決まっていたはずなのに、気がつけば指示と動作が入れ替わってしまっていることが少なくありません。なんとか正解できる犬もいますが、混乱を招くもとであることに違いはありません。同じ指示には毎回同じ動作をつけましょう。

 

 

犬のやる気の変化に敏感になろう

最初はやる気がある犬も、トレーニングを続けているとしだいに飽きて、やる気がなくなってくるものです。この状態になってしまった犬は、押し付けられれば押し付けられるほどウンザリします。トレーニング嫌いになりかねません。

そこで、犬のやる気の変化に敏感になっておくことが大切です。犬が飽きる前に、最後に1つ正解させてトレーニングを終えるなど、犬に「トレーニングは楽しいもの」という印象を持たせるよう、いつも意識しておきましょう。

 

Q・犬が飽きたらどうするの?

 飽きる前に先手を打つんです

 犬が飽きないように、先手を打ちましょう。たとえば、ごほうびのおやつをより魅力的なものに変えてやる気を引き出すのもひとつの方法です。同じジャーキーでも、何回ももらっていると犬にとっての魅力は低下します。犬が「欲しい!」と思うおやつを使うようにしましょう。

 

 

ここに挙げた5つのことは、最初は意識的にやっていく必要があります。なぜなら、飼い主さんにとって、慣れない動きも多いからです。でも、意識的にやっていくうちに、それが当たり前になり、無意識にできるようになるものです。しつけの専門家だけが特別なのではなく、誰でもできることです。ぜひ、挑戦してみてください!

 

 

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集