愛犬のおもしろしつけ「パターンくずし」

犬がリードやフードボウルを見ただけで、吠えたり飛びついたりすることはありませんか?そんな困りごとに効くしつけのやり方がパターンを崩すことなのです。

フードボウルを置いて本を読んだり、リードを持って掃除をするなど、いつものパターンを崩すことで犬の困りごとを直すことが出来ます。今回は楽しくて役に立つしつけワザをご紹介します。

 

 

リードを見るたびに吠える(興奮する)犬なら

●リード=散歩を打ち消す行動をとる

 リードを見るたびに吠える犬は、リードが散歩の合図だと思い込んでいます。散歩以外の時間にリードを持ち、散歩に行くと思わせつつ、掃除など散歩と関係のない行動をとってみましょう。リード=散歩という犬の思い込みを変えることが出来ます。

 コツはリードをわざと犬に見せながら、まったく関係のないことをすることです。

 

リードを持って散歩に行くと見せかけて・・・

首にかけて掃除機をかける

飼い主さんがリードを首にかけて掃除機をかけ始めると、犬は「なぜ掃除?」と思うはずです。

 

立ち上がってリードを持つが・・・

首にかけてからまた座って長電話

リードを持って散歩だと思わせつつ、座って電話をかけ始める飼い主さんに拍子抜けするはず。

 

ホントに散歩に行くときは?

吠えている限りは無視。静かになったら行く

持ったリードをいったん置き、吠えている間は犬を無視。静かになったらリードをつけて散歩に行きましょう。

 

イイコになったらしてあげるから裏切っていない

パターンくずしは、決して犬の期待を裏切る行為ではありません。たとえば散歩も「先読みして吠えるなら行かない、静かにしているときに行くよ」と新たに教えているのです。

 

 

フードボウルを見ると大興奮する犬なら

●ゴハンを用意してもすぐにはあげずに別の行動をとる

 フードボウルを用意し、フードを入れてすぐ犬に与えるという流れを毎日繰り返すと、犬はフードボウルを見ただけで大興奮します。フードを入れてもすぐに与えず別のことをしたり、フードボウルを犬のゴハン以外にも使うなどしてパターンを崩しましょう。

 コツはフードボウルが出てきてもゴハンだとは限らないと犬に思わせることです。

 

フードボウルにフードまで入れたのに・・・

テーブルに置いてスマホを見る

フードボウルにフードを入れ、犬にゴハンがもらえると思わせつつ、テーブルに置いてスマホなどを見始めます。

 

別の新しいフードボウルを用意して・・・

お菓子を入れて飼い主さんが食べる

犬の前でフードボウルに入ったお菓子を飼い主さんが食べると、ゴハンだと思った犬は拍子抜けします。

 

いつも同じフードのボウルと思いきや・・・

毎回、違うフードボウルを使う

フードボウルの形や素材を変えるだけでも、「あれっ?」と思って興奮しなくなる犬もいます。

 

ホントにゴハンをあげるときは?

興奮していたらその場を離れる

ゴハンを用意しているときに犬が近寄って騒いだら、興奮を静めるためにその場を離れてしまいましょう。飼い主さんが戻っても落ち着いていたら「オスワリ」や「マテ」などの指示を出し、できたご褒美に与えます。

 

 

いつも遊ぶ公園に近づくとリードを引っ張る犬なら

●公園に近づいてもすんなりと入らない

 いつも同じ公園で犬を遊ばせると、犬は「あの公園に行くとイイコトがある」と学習します。公園に近づいただけで楽しくなり、リードを引っ張るように。公園の前で引き返すなど、すんなりと入らない経験を積むことで、興奮による引っ張りグセが直ります。

 コツは犬に「この道を歩いても、公園に行かない時もある」と教えるつもりで取り組みましょう。

 

公園に行くと思わせて・・・

通り過ぎる

いつも行く公園の前を通過。そのまま別の公園に行くのもパターンくずしです。

 

公園に入るとみせかけて・・・

入り口の前でUターンする

入り口の前まで行ったのにUターン。入口の前を何度か往復するのも効果があります。

 

ホントに公園に行くときは?

犬がリードを引っ張ったら止める

リードを引っ張られたら、リードをへその高さあたりで止めて、引っ張らなくなるまでキープ

飼い主さんが先に入って犬を待たせる

犬がリードを引っ張らなくなったら、公園の前でマテの指示をして、飼い主さんが先に公園に入るようにしましょう。

待っていた犬をほめる

飼い主さんが先に入っても犬がイイコで待っていられたら、その場でほめてごほうびをあげましょう。

「OK」で犬を入れる

声をかけてマテを解除し、犬をゆっくりと公園の中に入れれば、入り口に向かって突進しなくなります。

 

 

飼い主さんがいつも同じ流れで行動していると、犬がそのパターンを覚えてしまうことがよくあります。パターンの最後が犬にとってうれしいことだと、犬が飼い主さんの行動を先読みして勝手に興奮。吠えたり飛びついたりと、人を困らせてしまうこともあります。放っておけばエスカレートすることもあるので、紹介したパターンくずしで先読みされないようにして気持ちを抑えてあげるようにしましょう。

 

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集