愛犬の目のケア達人への道 涙やけ編

今回は前回の「目ヤニ編」に続き「涙やけ編」となります。

涙やけとは、あふれた涙で目のまわりの毛が赤茶色に変色してしまうことです。毛を変色させないためには、湿らせたままでほうっておかないことが第一です。

 

 

 

1.やさしく、時にははさんでティッシュで拭く

●水分をしっかり吸収

 涙やけは、濡れた毛をそのままにしていることが原因です。毛が濡れていたら、こまめに拭いてあげることがいちばんのケアになります。乾いたティッシュでやさしく、毛をはさむようにして拭きましょう。毛や皮膚を傷つけないように、ティッシュで水分をしっかり吸い取ってあげましょう。毛の変色を予防できます。

 

 

2.コームでとかす

●目にかかる毛を整える

 毛が目に入ると涙があふれてしまうので、コームでとかして目に入らないよう毛を整えます。目のまわりから顔の外側に向けてコームでとかしましょう。また、コームで毛の根元からとかすことで、風通しが良くなって濡れた毛や皮膚が乾きやすくなります。

 

 

3.すきばさみでカット

●目にかかる毛は切る

 コームでとかしても、目にかかってしまう毛があるときは、すきばさみでカットすることをおすすめします。目や目頭の皮膚を傷つける危険が少ないので、はさみの先が丸いすきばさみが便利です。ハサミの跡を残さずにキレイにカットできるので、飼い主さんにも使いやすいはさみです。

 

 

変色したら元にもどらないの?

涙やけを消すのはとても難しいことです。涙やけは適度な水分と温度の中で雑菌が繁殖した結果できたもの。すでにできてしまった涙やけを消すのは非常に難しいです。まめに拭いて予防することが涙やけ対策の基本です。

 

 

目のケアのポイント

愛犬の目のケアをする際に嫌がってうまくできないことがあると思います。原因としては飼い主さんが犬の正面からケアしようとしているのが原因の一つです。

飼い主さんとしては前からケアするほうがやりやすいですが、犬を押さえつけてムリに続けるとケアを嫌いにさせる原因にもなります。

ポイントは犬の後ろから押さえること

犬を嫌がらせずに体を固定することです。愛犬の目元のケアをするときは押さえ方にコツがあります。ケアを嫌がってしまう犬は、後ろから顔や体を押さえましょう。犬にあとずさりをさせずに、嫌がらせることなく固定できます。体で壁を作ることで、犬の動きを制限して、ムリなく体を押さえることができます。

 

 

 

 

前回と今回で目元のケアをご紹介しました。やり方は分かっているのに、なかなか思い通りにできないと悩まれている方もいると思います。愛犬が嫌がらない方法でケアしてあげると、愛犬も慣れてきてだんだん自然にケアさせてくれるようになります。根気強くケアしてあげましょう。

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集