犬に良いストレス、悪いストレス

家庭に迎え入れられた犬が、人間社会で生活するとなると、さまざまな刺激にさらされます。どんな刺激もストレスになりえますが、良い(必要な)ストレスは慣れてしまえばストレスでなくなり、ストレスを克服することでより生活しやすくなります。

今回、良い(必要な)ストレスと、悪い(必要ない)ストレスをまとめました。

 

 

悪いストレスをストップ!

犬が可愛くて迎え入れた飼い主さんなら、まず悪いストレスを犬に与えることはないでしょうが、ついそれと気づかず与えてしまいがちなストレスがあります。当てはまることがあれば今すぐストップしましょう!

 

 

叱られるストレス

どんなに厳しく叱っても「犬に論語」です

たとえば犬がそそうをしたとき、厳しく叱れば、次から叱られるのが嫌でそそうをしなくなる。一見、筋が通っているように見えますが、これは犬に通じにくい方法です。ましてや論理的に言葉で説明しようとしてもまさに「犬に論語」。犬には、飼い主さんの怒った雰囲気しか伝わりません。むしろおやつなどでトイレへ導き、上手にトイレ内に排泄できたら褒めて、良い行動を教えるようにしましょう。

 

甘やかされストレス

しつけられていない犬は結果、不安を抱え込むことに

しつけなどをせずに犬の気の向くままにさせたり、甘やかして良いストレスを克服する機会を与えないままでいると、犬はいつまでたっても不安や恐怖を感じている状態に・・・これが「甘やかされストレス」です。たとえば、名前を呼んでも飼い主さんを見ない犬。犬が飼い主さんに注目しなかったら、基本的なしつけを教えられず、犬は適切に行動できないため、結果、不安だけを感じることに。

 

かまわれすぎストレス

良いストレスも一気に与えると悪いストレスに

愛犬とふれあうことは良いことですが、四六時中家族の誰かしらがかまっているという状態は犬にとってはかなりの苦痛。犬が単独でリラックスできる場所や時間を確保してあげることも大切です。また、複数の来客を迎えるときは、各人への犬の様子を観察しながらふれあってもらうようにしましょう。犬が警戒しているのなら、少しずつ慣らしながら相手との距離を縮めていくようにしましょう。

 

不安ストレス

飼い主さんにとっても、犬にとっても悪いストレス

犬はいつも一緒に暮らす飼い主さんの行動をよく見ています。そのために飼い主さん自身が不安を感じていたり、家族内で争いが起こったりすると、そうしたことに影響されて犬も不安を感じて、ストレス状態に陥ることがあります。飼い主さんにとっての悪いストレスは、犬にとっても悪いストレス。くれぐれも、愛犬のいる前では、悪い感情や不安をあらわにしないよう気をつけましょう。

 

無理強いストレス

肉体的にも精神的にも苦痛になるストレス

たとえば、散歩の途中で歩くのをやめてしまった犬を歩かせようとリードで無理やり引っ張ったりすること。これは犬にとって肉体的にも精神的にも苦痛です。犬が自分から歩きたくなるようにおやつで誘導したり、もし疲れているのなら少し休憩したり、小型犬なら抱っこして移動してもよいでしょう。

 

 

良いストレスとのつきあい方

人の社会の中で、愛犬のために暮らしやすい環境を整えるには、どうしても避けられないストレスもあります。犬の問題行動のきっかけになったり、健康を害さないために、上手なストレスの与え方を知っておきましょう。

 

 

動物病院ストレス

愛犬の体調不良時だけでなく、日ごろの健康診断やワクチンの接種などでもお世話になる動物病院。愛犬が嫌がるからと、連れて行かないわけにはいかない場所です。動物病院が怖いところではないことを、ゆっくりと時間をかけて根気よく教えていきましょう。

~良いストレスの上手な与え方~

1.動物病院の前でおやつを与える

2.病院スタッフや先生からおやつを与えてもらう

3.診察台の上でおやつを与える

 

対人ストレス

飼い主さん以外の人が苦手なのは、子犬の頃にいろいろな人とふれあっていない犬に多いケース。たくさんの人とふれあうことで、人を怖くないと覚えさせることが大事。まずは、愛犬がいちばん落ち着ける自宅で、人とふれあうトレーニングをしてみましょう。

~良いストレスの上手な与え方~

1.来客の前でおやつを与える

2.来客のニオイを嗅がせる

3.来客からおやつを与えてもらう

 

留守番ストレス

犬は飼い主さんがいないと気づいてから30分間は不安を感じやすいと言われています。留守番のストレスをなくしていくためには、数分の不在から始めて、少しずつその時間を延ばしていくのが得策。

~良いストレスの上手な与え方~

1.フセをさせて、飼い主さんが部屋を出ていく

2.落ち着いて待っていられたら、ほめてごほうびをあげる

※ばらまいたフードに集中している間に出かけるのも有効です。この時、「鍵を持つ(鍵の音を聞かせる)」、「外出着に着替える」、「カバンを持つ」といった、外出を連想させる姿を愛犬に見せないようにしましょう。

 

 

生きていくうえで、ストレスはつきもの。ただし、ストレスの中には、それを克服することでより生活しやすくなるストレスもあれば、負荷がかかりすぎるストレスもあります。犬にとって良いストレスと悪いストレスを見きわめて、上手にストレスに対処する術を身につけましょう。

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集