愛犬の熱中症リスク対策『屋外編』

前回は屋内編をご紹介しましたが、今回は屋外編となります。屋内より屋外の方が熱中症のリスクは高くなります。

また、梅雨から夏は高温多湿のため愛犬にとっても熱中症の危険があります。熱中症にかかる前にしっかりと対策をしてあげましょう。

 

 

屋外のリスク対策

夏は天気も良くなることから日々の散歩に加え、外出する機会が増えます。強い日差しや高気温、高湿度にさらされると熱中症になりかねないので、万全な対策で出かけましょう。

 

01.散歩は早朝に、風通しがよくて適度に日陰のある場所を歩く

できるだけ朝7時よりも前に、風通しが良い日陰を選んで散歩をしましょう。住宅密集地などの風通しの悪い場所は熱気や湿気がこもりやすいので、木陰のある公園や並木道などを散歩しましょう。夜間の散歩は、日没後、充分地面が冷えて風も吹いているなら、連れ出してもOKです。夕方などに散歩する場合は、連れ出す前に必ず地面を触って熱くないことを確認してからにしましょう。

 

02.散歩中はこまめに風通しの良い日陰で休み、クールダウン

夏場の散歩では、ほてった体を落ち着かせるために、こまめに休憩しましょう。このとき、必ず風通しの良い日陰で休ませます。持参した冷えた水を飲ませて体温の上昇を抑えましょう。走らせたり興奮させたりすると犬の体が熱くなります。熱中症につながるのでさせないように気をつけましょう。

 

 

03.外出時は冷感・冷涼効果のある洋服やアイテムを活用する

ひんやりする洋服や、水に濡らして首につけるクールタイなどを使うと効果的です。とくに毛が短い犬は、熱い外気や地面からの輻射熱(ふくしゃねつ)、紫外線をまともに皮膚で受けやすいので、涼感タイプの服を着せたほうが良いでしょう。

洋服やクールタイが苦手な犬は、散歩の途中の休憩時に、犬用の冷感スプレーを脇やお腹に吹きかけるのも効果的です。

 

犬 猫 ネッククーラー バンダナ 冷感タオル 熱中症対策 小型犬 中型犬 大型犬 お散歩グッズ

 

クールネック

 

 

犬 服 ひんやり 冷感素材 クール タンクトップ おしゃれ かわいい 着やすい 熱中症対策 ペット服 猫 猫服

クールタンクトップ

 

04.お出かけ時、キャリーバッグやカートの中にひんやりアイテムを入れる

内部が蒸し暑くなりやすいので、キャリーバッグやカートは少し広めのメッシュ付きがおすすめです。中にクールマットや保冷剤、タオルで巻いた冷凍ペットボトルなどを入れて、涼をとれるようにしましょう。

中で犬が暑がっていたりぐったりしていないか、こまめに確認を。休憩も多めに取るようにして、そのつど水を飲ませるようにしましょう。

 

デニムのペットカートに乗る犬

 

おすすめペットカート

 

05.水遊びのあとは涼しい室内や風通しの良い日陰で毛を乾かす

屋外で水遊びをしたあと、日差しの下で毛を自然乾燥させると蒸れて危険です。エアコンの効いた室内か、風通しの良い日陰で乾かしましょう。また、とくに海や川で遊んだあとは必ずシャンプーし、エアコンが効いた室内で扇風機を併用しつつドライヤーで乾かしてあげてください。

 

 

熱中症は人でもなる病気なので「なんとなく分かっている」という方もいるでしょう。そんな方も犬ならではの情報を正しく知る事が重要です。「呼吸が浅く早くなる」、「歩き方が異常に遅くなる」、「ぐったりする」、「おなかや耳、口の中を触ると熱い」、「意識が遠のき、ふらついたり、倒れる」などが主な特徴です。

このような症状が現れたときは以下の緊急処置を行いましょう。

・動物病院へ連絡し指示を仰ぐ

・涼しい場所へ移動し水を飲ませる

・全身に水をかける

緊急処置を行ったら体を冷やしながら動物病院へ連れて行きましょう。処置が遅れると命取りになる可能性があります。

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集