犬時間のメカニズムとは・・・

犬の学習レベルは人の幼児程度という説があります。

時間感覚については、日が昇る=目が覚める、おなかがすく=食事をする・・・というように、いわゆる体内時計であったり、サイクルとして認識しているのではないかと言われています。

 

 

日が昇ったら起きる!のが本来の起床時間

犬の起床時間については、野生の動物同様に、太陽が昇ったら目覚めるというのが本来のサイクル。秋冬より春夏のほうが起床時間が早くなるのも、日の出の時間に影響しています。ちなみに、部屋を暗くした状態でも日が昇ったことは体感的に理解していますが、それでも遅くまで寝ているケースは、飼い主さんのライフスタイルに適応している証拠かもしれません。

 

子犬の場合は15~16時間の睡眠が必要です

次に睡眠時間。こちらは人同様、年齢や個体によっても異なりますが、体や神経の疲れ具合によっても異なります。じつは犬にもレム睡眠とノンレム睡眠があるとされています。そのため、精神的な疲れや体力的な疲れを取るためには、人同様に質の良い眠りをとることがベスト。まずはケージやベッドを置くなど、安心して眠れる場所を設置してあげましょう。

 また、1~3ヶ月の子犬については、体調を維持するうえで、たっぷり睡眠(平均して15~16時間)をとることが必要です。ついついかまいたくなってしまいますが、睡眠中は無理に起こさないようにしましょう。

 

散歩コースやルートなどは飼い主さん主導で

散歩は運動能力を維持すると同時に、人やほかの犬とのふれあいや、自然からの刺激を受けることで、脳を活性化するためにも必要なことです。毎日行うことがおすすめですが、コースやルートは、飼い主さんが主導権を持って決めることが重要です。またケガや病気で体調が悪い犬や、体力が低下したシニア犬などは、無理をして連れ出すのは止めておきましょう。

 

 

理想は決まった時間にきちんと食事をとること

食事については、どんな状況でも適応できるよう、時間や場所などを決めずに与えるという考え方もよく耳にします。ただ、体調を管理するうえでは、やはり規則正しい時間に与えるのがおすすめです。時間が不規則で食事の量や内容がまちまちだと、体調面はもちろん、精神的にもストレスを与えることになってしまいます。

 

犬時間に取り入れたいこと

【食後には歯磨きを】

犬の寿命が延びたことによって、口腔内のトラブルが増えています。歯周病は口臭が強くなるだけでなく、食事の量が減ってしまったり、進行するとほおから膿が出たり、下あごの骨が骨折することすらあります。口腔内で繁殖した菌は血液を伝わって体内に侵入することによって、心臓や肝臓、腎臓などにも重篤な影響を及ぼすことが知られています。こうしたことを予防するためにいちばん効果的なのは、毎日の歯みがきです。歯ブラシタイプや指にサックをつけるタイプなど、最近はケアアイテムの種類が充実しているので、ぜひサイクルに取り入れてみてください。

【散歩後にはグルーミングを】

ブラッシングをしたり体を触ったりといったグルーミングは、スキンシップで絆を深めるとともに、皮膚や体毛などの異変を察知するために有効です。毎日の習慣にすると、小さな変化も見逃しません!

【アンチエイジングを習慣に】

シニア期に入ると動くことが少なくなり、睡眠時間が長くなります。嫌がるものを無理に起こす必要はありませんが、自ら目覚めた際には、散歩に行ったり、それが無理な場合は部屋の中を歩かせたり、マッサージをするなどして、体や脳に刺激を与えることも大切です。

犬は体内時計で動いています。本来、人間も日が昇れば起きて、日が暮れると寝るという生活リズムでした。飼い主さんの生活リズムの乱れは、犬にとっても悪影響を及ぼす場合があります。飼い主さんの生活リズムの乱れは、そのまま愛犬の生活リズムの乱れとなります。精神的にも肉体的にも健康に過ごすためには、できるだけ規則正しい生活を送ることがおすすめです。

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集