いつものお散歩スタイルを見直してみよう

暖かい日が増えてきました。服装や靴などは歩きやすいもので散歩されていると思いますが、愛犬のお世話をするグッズとマナーについて、ちょっと見直してみましょう。

 

散歩グッズの見直し

 

散歩のボリュームを考えて準備しましょう

 

短い時間の散歩でも必携グッズあり!

家の周りをぐるりと一周するだけだから、と何も持たないで出たときに限って、愛犬がウンチをしてしまった、なんて経験はありませんか?

水と排泄物の処理用品は、どんな状況でも準備しておきましょう。公園などに寄る場合は、おもちゃやおやつを持参してみてはいかがでしょうか。しつけのトレーニングや困った状況の回避に役立ちます。

 

~バッグはどんなタイプが便利?~

・ウエストポーチは両手が使えて便利です。

 入る量に制限はありますが、完全に両手がフリーになり、リードも持ちやすくなります。

・バッグタイプならモノが増えても平気

 つけ替えるリードを入れたり、散歩中の排泄物が多くなっても気になりません。

 また、水飲み用のペットボトルなどたくさん持ち歩く際はとても便利です。

 

お散歩バッグ キャンバスミニトートバッグ 帆布 収納例 多収納

 

仕切り付きお散歩バッグ

 

【必ず持参したいもの】

・水 ~散歩中の給水とオシッコの処理に~

 水用ボウルも持参します。ボトルと受け皿が一体になっているものや、携帯用のたためるボウルも便利です。

 散歩中の給水は、大量に飲ませず、口を湿らせる程度にしましょう。

・排泄物を処理するもの ~不足しないよう1個多く持つようにしましょう~

 ウンチを拾う紙と持ち帰る袋は、少し多めに持っていくと安心です。

 トイレッとペーパーや水に流せる専用の市販品を使うと、家のトイレに流せて便利です。

 

【あると便利なもの】

・おやつ ~困った行動、おやつで制止~

 ニオイを嗅がせて犬を誘導したり、飼い主さんに注目してほしいときに便利。

 ひと口サイズにして、携帯できる容器に入れておくとすぐに取り出せます。

・おもちゃ ~外で遊ぶと、もっと楽しい!~

 散歩の途中、犬を遊ばせても大丈夫なところで使えば、いつものおもちゃも新鮮。

 引っ張りっこなら狭いスペースでも手軽に遊べます。

 

場所に合わせたリードを使いましょう

 

散歩用リードは1.2~1.8mがおススメ

行動を歩くときは犬をコントロールしやすい1.2~1.8m程度のリードを使い、伸縮リードやロングリードは、公園など安全が確認できる範囲で付け替えて使用しましょう。革製のリードは手になじんで痛くなりづらいのが利点ですが、革は犬が噛んだり誤飲しやすい素材なので管理には十分注意しましょう。強度があって扱いやすいナイロンは初心者向きです。綿は柄が豊富で選ぶ楽しさがありますが、対応体重にはとくに注意しましょう。

 

・ロングリード ~広い範囲で遊べます~

 下の写真は12mの長さのリードです。ボール投げやフライングディスク遊び、「マテ」のしつけに使います。

犬用ロングリード

・伸縮リード ~親指で愛犬コントロール~

 ストッパーを外すとリードが伸びて犬が自由に動けます。長さを固定することも可能。

犬用伸縮リード

伸縮リード

 

リードは両手で持ち手首に巻かないようにする

誤った持ち方をするとケガにつながるケースも

誤った持ち方では、愛犬も飼い主さんも危険です。リードで握っているのは愛犬の安全。リード持ち手の輪は手を通さずに持ち、反対の手でリードの中間あたりを持ちましょう。犬を制止したいときは、グッとわきを締めれば、犬に引きずられるのを防げます。

 

 

マナーの見直し

 

すれ違うときはリードを短く持ちます

長く持つと、犬を制止できません

犬が相手に飛びかかったりと、予測できない行動をとると危険です。

首輪に近いところを持つようにしましょう

犬が自由に動ける範囲が狭くなり、すれ違う相手も安心できます。

 

リードを付け替えるときは2本目をつけてから1本目を外す

1本目をはずす前に2本目をつなぐ

先にはずしてしまい、もし犬が動いてノーリードになってしまったら?危険ですね

2本目を持ち、1本目をはずす

2本目がきちんと入ったことを確認してから1本目をはずします。これで失敗なし

 

排泄物はきちんと処理を

自治体のルールに沿って処分を

ウンチは自宅まで持ち帰り、住んでいる自治体に従い、適切に処分します。公園などには埋めないようにしましょう。

オシッコは水で流すとよい

ペットボトル一体型の水飲みなどは勢いよく水が出るタイプがありますので、そういったものを利用するとよく流れます。マーキングのニオイ消しのためにも水をかけるとよいでしょう。

 

水は必ず持参した容器で飲ませます

公共の場では犬が苦手な人に配慮

直接、蛇口から飲ませると不衛生ですし、いろんな人が集まる場所では、不快に感じる人もいるかもしれません。ほかの人も気持ちよく使えるように容器を持参しましょう。

 

散歩は毎日の習慣になっているので、最初は気を付けていたことも段々と緩んでしまうものです。特に人が集まる場所ではワンちゃんが苦手な人もいると思います。そういった方たちとうまく場所を共有するためには飼い主さんのマナーが大事です。これからお出かけも増える時期ですので見直してみて下さい。

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集