愛犬の熱中症対策 ~油断禁物!春先でもうっかりしてたら熱中症!~

「暑い夏、炎天下でなる。」そんなイメージが強い熱中症。

でも、じつは春でも発症するんです。もともと犬は暑さに対しての体温調整が苦手なもの。気温が高くない日でも、うっかりしていたら「愛犬が熱中症に・・・」

今回はよく起きてしまう、うっかりの例や、なってしまった時の対処法、気を付ける対策法をご紹介します。

こんなうっかり起きてませんか?

 

クルマの中に置き去り

犬を車内に残して短時間でも離れるのは危険。エアコンを効かせていても、犬がいる場所に直射日光が当たっていると、体温が上昇することがあります。

 

長時間、キャリーバッグで移動

キャリーバッグに、犬を長時間入れておくのは避けましょう。バッグの中に熱がこもり、犬の体温が上がることも。使う際は、犬の様子をよく確認しましょう。

 

直射日光が当たる屋上に放置

日影がない屋上やベランダに犬をずっと放しておくのも控えましょう。直射日光を避け、涼める場所がないと熱中症になる場合があります。

 

うっかり実例

①「散歩から帰宅後に食事も食べずぐったり」

 5月初めの朝8時ごろのこと。散歩のあといつもの食事を食べずにハウスに入ってしまいました。名前を呼んでも出てこず、ぐったりして動かないのですぐ病院へ。それほど暑くない日でまさか熱中症とは思わず、その時は毛布をかけて運んでしまいした。それ以降、5月に入ったら散歩の間に水分をとることなどを心がけています。

 

②「まさか5月に・・・。熱中症になりかけました」

 5月の連休中、キャッチボールしている横で愛犬がボールを追いかけ走っていました。その様子がかわいくて休まず続けていたら、足取りがヨタヨタして、よだれが出て目がうつろに。熱くなっていたので水をかけて冷やしたのがよかったのか、クーラーを効かせたクルマの中で30分ほど休ませたら、幸いにも回復しました。

 

こんな犬がなりやすい!

・子犬、老犬

 子犬は、体温を調節する機能がちゃんと働きません。老犬は、成犬のころより機能が衰えます。

・長毛、ダブルコートの犬

 被毛が長い犬は、熱を放散しにくいのです。ボルゾイなどの北方原産の犬種も、熱中症になりやすい傾向があります。

・肥満の犬

 太りぎみの犬の場合は、脂肪が邪魔して、一度高くなった体温がなかなか下がりにくくなります。

・気管に病気がある犬

 空気の出し入れを行う気管が途中でつぶれる「気管虚脱」になると、体温調節がうまくできなくなります。

・短頭種の犬

 ブルドッグやパグ、シーズーなどは、ほかの犬種よりも気管が短いので、体温を下げる効率が悪く、熱中症になりやすい犬種といわれています。

 

 

熱中症、なったらどうなる?なったらどうする?

 

なったらどうなる?

体温が上昇して、体の機能に障害があらわれます

犬の体温が通常時より上がった状態が続くと、体を正常に保とうとする機能がマヒして、体温コントロールが出来なくなります。徐々に過呼吸になり、足元がおぼつかなくなったり、さまざまな不調が起こります。症状に気づかないで放っておくと、死に至ってしまいます。もし愛犬が荒い息づかいをしていたら熱中症を疑いましょう。

 

【熱中症になったら、こんな症状が!】

・息づかいが荒くなる

 体温の上昇に伴い、呼吸が激しくなるのが初期の症状

 この軽度の状態で気づいてあげたい!

・動作が鈍くなる

 足元がフラフラになって、歩くのが困難になります

・横向けに倒れる

 立っていられず、地面に倒れます。呼吸は激しいまま

・意識もうろう。死に至る場合も

 体温が40°以上になり、意識がはっきりしなくなります

 

呼吸が激しくなるのは、体温が上がっている証拠なんです

人の場合、汗をかくことで体温調整をします。しかし、ほとんど汗腺がない犬は、暑く感じたら口を大きく開け、ハアハアとあえぐように呼吸して空気を体内に入れることで、体温を調整するんです。これを「パンティング」といいます。しばらくじっとしていても、呼吸が激しい状態がおさまらないときは要注意です。

 

させないためには?

「高温多湿」「換気不良」の場所が、春から危ないんです!

なんといっても、暑い場所に愛犬を長時間放置しないことが重要。涼しいからといって、車内に犬を放置するのは厳禁です。また、温度だけではなく、湿度や換気にも注意を払う必要があります。湿度が高く、換気が悪い環境では、犬がパンティングするとき、口の粘膜から水分が気化しにくくなり、体温を下げづらくなります。

 

【屋外対策】

・春でも外出するときは必ず水を用意!

 春先でも散歩のとき、屋外でいつでも水が飲めるように水筒を用意しましょう。体温調節をするうえで、水分は重要な役割があります。

・暑い時間帯の散歩は控えて

 夏はとくに、涼しい時間帯に散歩に行くのが理想。熱がこもったアスファルトからの照り返しで、犬の体温が上昇することもあります。

・春でも夏でも車内放置は厳禁!

 外がそれほど暑くなくても、天気がよければ車内は高温になることも。暑くない春でも、犬を車内に放置するのは絶対にやめましょう。

 

【室内対策】

・春から温度計で室温や湿度を測る習慣をもって

 犬が過ごしやすい環境は、気温18~23℃、湿度40~60%といわれています。犬が過ごす場所に温度計を置いて測れるようにしましょう。

・犬の居場所には直射日光が当たらないようにして

 直射日光が当たる場所に、犬のハウスを置くのは控えましょう。留守番中、ずっと日が差し込んだ状態だと、グングン温度が上昇します。

・留守番中もなるべく空気を動かす工夫を

 部屋間のドアを緋て風通しをよくするのも予防策です。日中一気に気温が上がると、締め切った部屋はかなりの高温になります。

 

なってしまったら?

水をかけて体温を下げ、慌てないで病院に行きましょう

愛犬に熱中症の症状が出たら、一刻も早く体を冷やすことが大切です。家の中ならお風呂場まで運んで、冷水のシャワーを浴びせましょう。もしも散歩中、熱中症になったら、コンビニなどで水や氷、タオルを購入して迅速に応急処置が出来るよう対応し、犬の体温が下がっても、必ず病院で診察してもらって下さい。

 

1.日陰や風通しの良い場所に移動

 屋外なら日陰に移動。室内でもなるべく風通しが良い涼しい場所へ。移動が困難なときは、その場で応急処置を

2.水をかけて体を冷やします

 とにかく早く冷水をかけて、熱を下げます。濡らした体にドライヤーの冷風を当てるのも効果的です。

3.濡れたバスタオルで体をくるみます

 クルマなどで病院に向かう際は、冷水で濡らしたタオルで体をくるんで冷やしましょう。

4.早急に病院で診てもらってください

 応急処置をして落ち着いても、必ず病院で診察を受けましょう。病院へ向かう途中、水が飲める状態なら飲ませてあげましょう。

 

熱中症は、気温が高いときだけ発症するわけではありません。まだまだ暑さを感じない季節でも、犬の体温が上がる状況にすれば、あっという間に症状があらわれることもあります。クルマの中に置き去りにしないのはもちろん、日差しの強い日にキャリーバッグに入れて屋外を長時間移動するのは控えたほうが無難です。春だからまだ大丈夫と油断しないで、春でも熱中症になることを意識して生活しましょう。

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集