犬用タイプ別キャリーグッズのメリットと注意点

現在、ペットショップなどに出ている、さまざまなタイプの犬のキャリーグッズ。いろいろありますが愛犬や飼い主さんにいちばん合うのはどれなのか?悩まれる方もいらっしゃると思います。今回はタイプ別の特徴と使用上の注意点をまとめました。

カートタイプ

安定性も使い勝手も抜群。力を入れずに愛犬を運べる。

 

特徴

①しっかりとしたタイヤが付き、安定性が高い

②折りたたんで、コンパクトに収納が可能

③足が弱った、老犬の散歩用に活用できる

大きなタイヤが付いたこのタイプは、移動時の犬の安定性が高いのが特徴です。あまり力を入れずに動かせる点や、おしゃれな製品が多い点も魅力的です。使いやすいので特に女性に人気があります。力を使わず犬を運べるため、多頭飼いの飼い主さんにも多く利用されています。また足腰が弱った、老犬のお散歩用などに利用する方も多いそうです。

 

選ぶ際のポイント

散歩用のグッズを取り付ける位置も確認しましょう

自宅での置き場所に悩む人は、できるだけコンパクトに折りたためる製品がおすすめです。また多くの製品は、カート本体にお散歩バッグなどを取り付けられますが、その位置は製品ごとに異なります。自分が使いやすい位置に、グッズを取り付けられる製品を選びましょう。

 

使用上の注意点

カートの耐荷重を、事前にしっかりと把握しておきましょう

カートの耐荷重は要チェック。とくに複数の犬を載せるときは、重量オーバーに注意が必要です。

 

 

デニムペットカートの詳細はこちら

 

 

バッグタイプ

お出かけの際、気軽に使える。さみしがり屋の犬にもオススメ!

 

特徴

①犬のそばにいることで、安心感を与えられる

②軽くて折りたためて、持ち運びが便利な製品も

③バッグ感覚で、気軽に扱うことができる

おもに体重6~7kg以下の犬に適したタイプ。コットンなどを素材としてソフトタイプと、プラスチックなどを使ったハードタイプに分かれますが、どちらも犬を飼い主さんのそばに置くことで、安心感を与えることができます。ソフトタイプは通気性に優れ、手軽に水洗いが出来るのが特徴。ハードタイプは押しつぶされにくく、バッグの内部により安定感があります。

 

選ぶ際のポイント

犬を出し入れする、口の大きさを確認しておきましょう

犬がなかで動き回れない、ぴったりサイズを選びましょう。犬がフセをした状態で、全身をちょうど包み込める大きさがベスト。口(ファスナー部分)の開けやすさや大きさも用チェック。犬を出し入れする口は、できるだけ大きい方が便利です。

 

使用上の注意点

突然の飛び出しにはくれぐれも要注意!

外からの刺激を受けやすいため、犬が驚いて飛び出さないよう、騒がしい場所では、メッシュ窓にカバーなどをかけた方がよいでしょう。

 

 

こちらの商品詳細はこちら

 

 

こちらの商品詳細はこちら

 

 

 

こちらの商品詳細はこちら

 

 

リュックタイプ

長時間歩く場合はコレ!体をつけることで、犬に安心感も

 

特徴

①体をくっつけることで、犬に安心感を与えられる

②犬をある程度、長時間背負っても疲れない

③飼い主さんが両手を自由に使うことができる

後ろに背負うタイプと前で抱きかかえるタイプがありますが、どちらも最大の特徴は体を密着させるため、リュック内の犬に安心感を与えられる点です。そのためこのタイプは、寂しがり屋の犬にとくに適しているといえます。飼い主さんの両手が使える点も特徴です。また後ろに背負うタイプはとくに安定性に優れ、長時間使用しても体にあまり負担をかけない構造になっています。

 

選ぶ際のポイント

犬と自分にフィットするサイズを選ぼう

犬が中で動き回れない、できるだけ犬の体にフィットしたサイズを選びましょう。犬の両足を外側に出すタイプの場合、股の部分に犬の体重が集中しやすいので、股のまわりにフィット感があるものを選びましょう。

 

使用上の注意点

地面に下ろす際は、ゆっくりと行おう

特に後ろに背負うタイプの場合、犬を床に下ろす際は、ケガをさせないようゆっくり下ろしましょう。暴れたり噛むようなら、このタイプの使用は避けた方が無難です。

 

 

スーツケースタイプ

平らな道なら、重さを感じずラクに運べる!

 

特徴

①犬の重さを感じずに、運ぶことができる

②10kg程度の犬までなら、乗せることが可能

③平らな道を長時間移動するのに、適している

持ち手部分を引っ張る、もしくは押すことで本体を転がすタイプです。特徴はカートタイプと同じく、犬の体重をあまり感じずに移動ができる点です。カートタイプよりも比較的小型で安価なため、より手軽に使える点も魅力です。ただしカートタイプよりタイヤ(キャスター)が小さいため、より平坦な道での使用に適したタイプといえるかもしれません。

 

選ぶ際のポイント

持ち手の長さが、自分の体に合ったものを選ぼう

長時間引っ張っても疲れないよう、持ち手部分の長さが自分に合ったものを選びましょう。キャスター部分ができるだけしっかりとした作りの製品を選ぶことも大切です。

 

使用上の注意点

キャスターが回転しづらくなることも

ゴミなどを巻き込み、キャスターが回転しづらくなる場合があります。たまにキャスター部分の掃除を行いましょう。本体が汚れやすいので、気づいたら濡れぞうきんなどで拭きましょう。

 

 

小型犬を電車に乗せるときは、必ずバッグなどに入れることが条件となっています。公共の場で犬がおとなしくできない時は、同じくバッグなどに入れて、その行動を飼い主さんが管理することがマナーです。災害発生時には犬をキャリーバッグなどに入れて非難することもできます。

キャリーグッズを使用する際は犬が飛び出さないよう、リードを装着するなどの注意が必要です。人ごみでは犬の顔が出ないようにするなど、マナーも心がけましょう。

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集