通年で必要!!愛犬のフィラリア・ノミ・マダニ対策!

愛犬の飼い主なら忘れてはいけないのが、寄生虫の存在です。暖かくなると蚊やノミ、マダニなどの寄生虫の活動が活発になり、愛犬が寄生されてしまうリスクも高まります。そこで愛犬の健康を守るためフィラリア・ノミ・マダニ対策のギモンと対応方法について書いていきます。正しい知識と方法で、しっかり愛犬を守りましょう。

 

 

フィラリア・ノミ・マダニ対策5つのギモン

 

 

Q1.寄生虫対策を行わないと、どんなリスクがありますか?

A.エリアによってはフィラリア感染犬が多い場所もあり、動物の往来が激しい今の時代、自分からそのようなエリアに行かずとも、感染犬が身近にやってきて愛犬がフィラリアに寄生される可能性もあるので対策は重要です。

 

Q2.寄生虫対策をおこなう場合、動物病院に行くべきですか?

A.獣医師と飼い主さんが協力して、愛犬にもっとも適した対策法を決めることが重要です。動物の状態を獣医師の目できちんと判断してもらってから対策をしましょう。

 

Q3.フィラリア・ノミ・マダニ対策をおこなう適切な時期はいつですか?

A.蚊は暖かくなると活発になり、ノミは梅雨から夏、マダニは秋がピークシーズンです。しかし、寒い時期でも暖かい室内などでは寄生虫が生息している可能性があるので、通年の対策が必要です。

 

Q4.寄生虫はどのような場所でつきやすいのですか?

A.散歩でよく通る草むらなどがもっとも寄生されやすい場所です。また、外暮らしでノミやマダニなどに寄生されている可能性が高いノラネコがいるような場所にも注意が必要です。

 

Q5.寄生虫対策の具体的な方法を教えてください。

A.おやつのように食べられる経口薬や滴下タイプなどがあります。効能の範囲も違い、どのタイプが適切かは愛犬によるので、獣医師に相談しましょう。

 

 

おススメの予防・駆除剤

フィラリア・ノミ・マダニが一度に対策できるオールインワンタイプの予防・駆除剤

オールインワンタイプの予防・駆除剤のなかには、おやつのように食べられるチュアブルタイプのものもあります。投薬は毎月のことなので、愛犬が喜んで食べてくれて、なおかつ一度に幅広く寄生虫対策が出来るというのは飼い主さんの負担も少なく、愛犬もいくつも薬を飲む必要がなくなります。薬が苦手だったり皮膚に直接液体がつくのが嫌な犬も、おいしく寄生虫対策が出来ます。飼い主さんからするとまるでおやつをもらう時の目をキラキラさせて食べてくれる姿にニッコリ!

 

まずは動物病院に行って相談してみることをお勧めします。動物病院に行くとすでに寄生されていないか検査をしてから薬を処方してくれますので安心です。

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集