犬の骨の病気・ケガと骨を強くする日常の心がけ

骨の病気やケガは、愛犬のしぐさや行動の変化に表れやすいものです。日ごろから愛犬の様子をチェックして、異変を感じたら早めに受信しましょう。骨に関する主な病気・ケガは次の通りになります。

 

 

主な骨の病気・ケガ

 

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

ラブラドール・レトリーバーなどの大型犬に見られる遺伝的疾患で、先天的に股関節がゆるみやすく、股関節が正常に成長しないことで起こる病気です。生後6ヶ月ごろから症状が出始めて、骨格が完成する2才ごろまでに発症しやすいとされています。

【早期発見のコツ】

股関節部分に炎症が起きて痛みが生じると、痛む部分の骨や関節がこすれないように歩くので、不自然にお尻を振って歩いているように見えます。

 

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

ひざの関節にある骨(膝蓋骨)が本来の位置からずれてしまい痛みが出ます。ミニチュア・ダックスフンドやポメラニアンなどの小型犬に多く、先天的な要因のほか、事故などでのケガ、肥満や運動不足が原因で発症したり、悪化させたりすることもあります。

【早期発見のコツ】

片足に症状が出ることが多く、痛い部分をかばって地面につかないように足を上げて歩いたり、後ろから見るとスキップで歩いているように見えます。

 

骨折(こっせつ)

イタリアン・グレーハウンドなど肩から足先までの骨が長い犬や細い犬、チワワやトイ・プードルなどの小型犬に起きやすいケガです。大腿骨や上腕骨を骨折するケースが多く、次に骨盤の骨折が多いです。ジャンプや高いところからの飛び降りに注意しましょう。

【早期発見のコツ】

骨折した骨の周囲は腫れて熱をもち、痛みが出ます。足の骨折であれば、足を上げて歩いたり、触られるのを嫌がるようなしぐさを見せます。その場合は一度、X線検査を行いましょう。

 

レッグ・ペルテス病

血流障害により、骨盤と接している太ももの先端の骨(大腿骨頭)が変形したり、壊死したりする病気。マルチーズやパピヨン、ミニチュア・ピンシャーなど生後1年以内の小型犬に多く発生し、進行するとかなりの痛みを伴います。

【早期発見のコツ】

後ろ足に痛みや歩行障害が見られ、おしりや木の部分を触られるのを嫌がるようになります。放っておくと足の筋肉の萎縮や大腿骨の変形があらわれることもあります。

 

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)

大腿骨とすねの骨(脛骨)をつなぐ靭帯が切れるケガです。激しい運動などにより、股関節に急激な圧力が加わることが原因となります。ボーダー・コリー、ラブラドール・レトリーバー、ヨークシャー・テリアなど様々な犬種に見られます。

【早期発見のコツ】

ひざに体重がかけられなくなるため、後ろ足を上げたままにしたり、地面にちょっとだけ足をつけて歩くようになります。ふだんから愛犬の歩き方の観察をしましょう。

 

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの原因は2つに分けられ、ひとつはクッションの役割をしている椎間板が飛び出して脊髄を圧迫するケースで、胸椎から腰椎にかけて多く見られます。もうひとつは椎間板が肥大し厚くなり脊髄を圧迫するケースで頸部によく発症します。

【早期発見のコツ】

激しい痛みや急激なマヒ症状などを伴うため、首から背中、腰などを触ろうとするとうなって拒んだり、激しく抵抗するときは痛みのサインかもしれません。

 

おもちゃで遊ぶペット

 

骨を強くする日常の心がけ

愛犬の骨が健康であることは同時に長寿につながります。日常生活の心がけを実践して、少しでも長生きをしてもらいましょう。

 

バランスのとれた食事

ちょっとした体重増加が骨に大きな負担となります。骨と関節が弱くなると運動量が落ち、さらに肥満につながりやすくなるという悪循環になってしまいます。適切な食事で肥満を防ぐことが大事になります。

 

正しい抱っこ姿勢

犬の上半身だけを持つなど不安定な抱っこは、犬が落ち着かないばかりか背骨や足腰に負担がかかることがあります。抱っこするときは、犬と密着し両手で犬の体を抱えて全身を支えましょう。体を横向きにして背骨と床が平行になるようにすると負担が少なくなります。骨や関節に負担がかからない抱っこのしかたを実践しましょう。

 

適度な運動

毎日の散歩や運動を意識することで、体力や筋力もアップして骨や関節への負担を減らすことが出来ます。ただし、小型犬は激しい運動を行いすぎると骨が厚くなりすぎてしまい骨の弾力が失われ、折れやすくなるともいわれているので注意が必要です。

 

足腰に負担をかけない住環境

フローリングなどの滑りやすい床は、犬の足腰や関節によくありません。滑りづらい環境にしてあげたり愛犬の足に滑らないシールや靴を履かせてあげましょう。また、高いところから飛び降りる動きは足や背骨に大きな衝撃となります。ソファなどには上がらせないようにするのがベストです。

 

滑り止めシール

 

ペット用滑り止めシール

 

日ごろの心がけで愛犬の骨を丈夫にすることは重要です。散歩に行けなくなってしまうと筋力の低下だけでなくストレスが溜まり健康状態を維持できなくなってしまいます。また、異常を早期発見して病院で診察・治療を行いいつまでも元気で暮らせるようにしましょう。

 

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集