犬のトイレしつけ方法について

ワンちゃんを飼うと、まず一番に覚えてほしいのがトイレ!

トイレを覚えてくれないとカーペットやソファ、イスやテーブルの脚などにマーキングしてしまいます。

吸水性のある生地などはニオイが取れず、何度もそこに繰り返すことも・・・

今回は上手にトイレを覚えてもらう方法をご紹介します。

 

 

ハウスを用意しましょう

愛犬が安心できる場所を作ってあげることは大事です。

サークルなどは通気性も良く、視界も確保できますのでリビングなどに設置してあげると良いでしょう。

また、サークル内がトイレとくつろぐスペースで分かれていると愛犬が早く覚えてくれます。

犬は清潔好きなのではっきり分けることをおすすめします。

出入り口の近くは落ち着かないので避けたほうが良いかもしれません。

 

トイレを失敗させないコツ

・粗相をしたらキレイに拭き取りニオイも残さない

・トイレと間違いやすいマット類は無くしておく

・覚えるまでは行動範囲を制限しておく

トイレを失敗させないようにするには、間違えやすいものを部屋に置かないようにしましょう。

特に間違えやすいのは吸水性の高いマットやカーペット、座布団やクッション・ソファなどです。トイレで排泄をしてからサークルの外で遊ぶようにすると失敗を減らせます。トイレ以外で粗相した時はキレイに拭き取り、ニオイを残さないようにしましょう。

 

トイレサインに気づきましょう

・朝起きてすぐ

・食事のあと

・昼寝のあと

・遊びや運動のあと

・夜寝る前

決まった時間に食事を与えていると排泄パターンも決まってきます。「朝起きてすぐ」、「食事のあと」、「昼寝のあと」、「運動のあと」、「夜の就寝前」。

トイレサインは、床のニオイを嗅いだり、床を掻くしぐさや、床を嗅ぎながらくるくる回るなどです。そのような行動をとり始めたらトイレに誘導してあげましょう。

 

自分でトイレに行けるように

愛犬も最初は、トイレをどうしたらよいか分かりません。

飼い主さんがトイレの場所を教えてあげれば愛犬も安心してしつけ成功の第一歩になります。

すぐにトイレに誘導できるよう近くで過ごさせ、少しずつ行動範囲を広げて、愛犬が自らトイレに行ってくれるようにしましょう。

上手くできたらしっかりほめて!

・上手にできたらたくさんほめてあげることが大事

トイレを覚えられないワンちゃんは、トイレを失敗して叱られた経験があることです。失敗して怒られると、排泄すること自体がいけないことだと感じてしまいます。

失敗しても叱らず、上手にできた時にたくさんほめてあげてください。

 

トイレのしつけに限らず、”ほめられる=良いこと”がセットになると愛犬はどんどん色々なことを覚えてくれるようになります。

まずは頑張らなくてもトイレが出来るようにしましょう。

 

 

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集