犬の飼い主検定【飼い主さんの問題行動】

勘違い!?飼い主さんの「問題行動」

 

NPO法人「動物愛護社会化推進協会」が実施いている犬の飼い主検定(正式名称:動物愛護社会化検定)というものがありますが、飼い主さんとして必要な知識を求められている検定です。

今回は検定で必要とされる知識とはちょっと違ったワンちゃん目線から見た飼い主さんの「問題行動」についてまとめてみました。

飼い主さんが良かれと思っても愛犬が期待通りに受け止めてくれるとは限りません。飼い主さんの行動が犬にとっての「問題行動」になってしまうのを防ぐには、愛犬がどのように感じるかを考えてから行動することが大切です。

愛犬によって個性が違いますので、普段から愛犬の性格をしっかり把握しておくようにしましょう。

 

においケア対策中のペット

 

コミュニケーション編

【嫌がっているのにかまいすぎている】

愛犬に対し、スキンシップを過剰にしていませんか?とくに触られるのが得意でない犬は、しつこく手を伸ばしてくる人を怖いと感じることがあります。嫌がるしぐさに気づけないのが原因かもしれません。

嫌がる前にやめましょう!

愛犬にかまう時とかまわない時をキッパリ分け、別々に過ごす時間を作ると良いかもしれません。

 

【くどくど叱る】

愛犬をガミガミと叱り続けるのは「問題行動」です。犬には複雑な会話が分からないので、怖い顔をして叱っている飼い主さんを前に居心地の悪い思いをするだけです。

叱らずにすむ環境を整える!

愛犬が良い子でいられるかどうかは飼い主さん次第です。イタズラされて困るものは犬が触れない場所に置くよう心がけると叱ることも無くなります。

 

【犬が嫌がったら抱っこをすぐやめる】

抱っこした時に犬がもがいたからといってすぐに下ろしてしまうと、犬に「暴れたら下ろしてもらえる」と勘違いさせてしまう点で「問題」ありとなってしまいます。その後も抱っこすると下りたくて暴れてしまう犬になる恐れも。

落ち着いているタイミングで下ろす!

抱っこされてもがいている間は絶対に下ろさないようにしましょう。しっかりと抱っこを続け、愛犬が落ち着いていられたら下ろしましょう。

 

【気分で接し方を変える】

飼い主さんの「機嫌が良いときは、愛犬がソファに上がってもよいが、機嫌が悪いときはダメ」など、一貫していない態度は「問題」ありです。犬は飼い主さんの微妙な感情の変化を察することまでは出来ないので混乱させてしまいます。家族間で統一出来ていない態度もNGです。

いつも同じ態度で接する!

感情に波があるの仕方ないことですが、愛犬の前ではグッとこらえ、いつも同じ態度で接するようにしましょう。

 

おもちゃで遊ぶペット

 

しつけ編

【いつでもおやつを使ってほめる】

ほめるときに常におやつを使うのも、じつは「問題」ありとなります。たとえば愛犬が吠えやんだからとおやつを与えてしまうと、「吠えてからやめればおやつがもらえる」と伝わり、吠えグセにつながることがあるからです。

ごほうび使いは正しくしよう!

悪い行動をやめたあとは、おやつは与えず、無表情でクールにほめ、良い行動をしたときはおやつをあげて沢山ほめてあげましょう。

 

【いきなり苦手なものに慣れさせようとする】

「犬嫌い克服のためにドッグランへ」など、愛犬を苦手なものに慣れさせようとするあまりに、いきなり極端な手段を取るのは大きな「問題」です。犬に怖い思いをさせてしまい、さらに苦手にさせてしまうことも考えられます。

苦手なものには少しずつ慣れさせて!

苦手なものには小さい刺激から慣れさせましょう。犬が苦手なら、まずは離れたところで落ち着いていられるよう練習を始めましょう。

 

【かけた号令に責任をもたない】

「お座り」や「待て」など、かけた号令に愛犬が応えられていないのに、どうせできないからとあきらめてしまうのはNGです。「号令をかけられても、無視すればいい」と犬に伝わってしまったり、なかには掛けられた号令と違うポーズでごまかすことを犬が覚える場合も。

粘り強く最後まで!

号令を一度かけたら愛犬が応えるまでやりきりましょう。犬が号令どおりの姿勢をとれるようおやつで誘導するなどのサポートをしましょう。

 

【タイミングが遅すぎる】

愛犬が良い行動をしたときにはおやつを与えてほめることが重要ですが、タイミングが遅すぎるのは「問題」です。与えるのが遅れると、せっかく愛犬におやつを与えても、何へのごほうびなのかが犬には伝わりにくくなります。

良い行動の直後に与えよう!

おやつを与えるタイミングは愛犬が良い行動を起こした直後を徹底しましょう。

 

 

 

まとめ

ご自身に身に覚えのある行動はあったでしょうか?

おやつを与え過ぎてしまったり、号令に従っていないのにあきらめてしまったり、どうしても愛犬が可愛くて、ついつい甘やかしてしまいがちです。一貫した態度で接してあげることが愛犬にとっても分かりやすく、より良い信頼関係を築くことが出来ると思います。さらに愛犬との仲が深まるチャンスです!

正しい対応を是非、実践してみてください★

 

 

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集