ペット専用のベッドの洗い方について解説!正しい洗い方とは

正しい洗い方できれいにしたペット専用ベッドで横になる犬

ペット専用のベッドの洗い方について

この記事を読むための時間:3分

犬や猫の睡眠時間は1日平均12時間、高齢になると1日平均15時間にもなるそうです。つまり、1日の半分以上をペットは自分の寝床で過ごしていることになります。睡眠の質はペットにとって重要であり、ペットが安心して眠れるようにするためにも飼い主はペットのベッドを常に清潔に保っておかなければなりません。でも、ペットのベッドはどのようにして洗ったらよいのか、みなさんはご存知ですか?そこで今回は犬や猫など、ペットのベッドを洗う方法について、お話していきます。

ペット専用ベッドの大切さについて

ペット用のベッドは1日の半分をペットが過ごす大切な場所であり、ベッドの環境が良好であれば、ペットは精神が安定し、健康状態を良好に保つことができます。つまり、ベッドとペットの健康状態はかなり密接な関係である、ということです。ペットが健康に暮らすためにはペットのベッドをどれだけ清潔な状態に保てるかがポイントになります。

ペット専用ベッドを洗う頻度は?

ペット専用ベッドは最低でも月に1回、できれば月に2回ほど洗いたいものです。犬や猫などのベッドは汚れるのが早く、毛の生え変わる時期などは数日で毛だらけです。ベッドが汚れているとペットは落ち着ける場所を失ってしまい、睡眠もおろそかになるため、免疫低下などの体調不良を引き起こしやすくなります。ペットの健康面を考えても、1日の大半を過ごすベッドは、なるべく細目に洗うことをおすすめします。

ペット専用ベッドを洗う洗剤について

ペット専用ベッドを洗う洗剤は、できればペット専用の洗剤の利用をおすすめします。人間が使う洗剤は香料が含まれており、人間にとっては良い香りでも、ペットにはそうではない可能性があります。嫌な臭いが付いたベッドでは、臭いに敏感なペットが落ち着くことができず、安眠することもできません。もしペット用の洗剤がどうしても揃えられないのであれば、無香料の洗剤や重曹を使用するようにしてください。

ペット専用ベッドの洗い方

ペット専用ベッドを洗うには、順番があります。順番を守って洗わないと、まとわりついているペットの毛の処理に苦労することになるので、要注意です。どのような順序で洗えばよいのか、具体的に見ていきましょう。

1.ゴミや毛を取る

まずベッドにまとわりついているゴミやペットの毛を掃除機やガムテープなどを使って取り除きましょう。カバー付きのものであればカバーを外し、ついているゴミや毛を取り除いてから洗うようにしてください。この段階で毛を取り除かないと、後から毛の処理にかなり苦労するので、注意してください。

2.洗浄・すすぎ

ペット専用の洗剤を使ってベッドを洗いましょう。ペット専用の洗剤がなければ、市販の無香料洗剤を利用してください。また、天然素材の重曹を使って洗うと、殺菌も同時にできることに加えてペットにも環境にも優しいので、おすすめです。洗い終わったらしっかりすすぎ、洗剤が残らないようにしましょう。

3.天日干し、乾燥

洗い終わったらしっかり乾燥させましょう。乾燥が中途半端だと嫌な臭いが残り、雑菌が湧いて衛生的にも良くないので、乾燥はしっかり行うようにしてください。

ペット専用ベッドを洗ってきれいにしよう

ペット専用ベッドは1日のほとんどをペットが過ごす場所なので、常にきれいに保つように、心がけてください。ベッドがいつもきれいに保たれているとペットは毎日を健康的に、そして幸せに過ごすことができます

 

Moa-Glowでもペット専用のベッドを取り扱っております。ペットが安心して過ごせると好評を博している当店おすすめのペット専用ベッドをぜひ一度ご覧になってみて下さい。

ペット用品・雑貨・インテリアのセレクトショップ | Moa-Glow 【モアグロウ】

Moa-Glow 【モアグロウ】

ペットとのスマートな暮らしを提案する雑貨屋Moa-Glowでは、ブランドペット服を中心に一緒に暮らすのが楽しくなるようなインテリアや雑貨、カーテン、お散歩の際に役立つ首輪やハーネスなど、愛犬と飼い主のための商品を工場直仕入れのアウトレット価格で販売しており、愛犬との一味違うおしゃれな生活をお得にご提案いたします。

屋号 Moa‐Glow合同会社
住所 〒306-0226
茨城県古河市女沼1655 小森谷ハイツパート2 201号室
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 佐藤 渉(サトウ ワタル)
E-mail info@moa-glow.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集